戻ってきてくれた

お昼休憩時に、母から電話があった。
かなり前に初めて出したちょっとしたコピーのコンペがあって、
そのコピーをカレンダーに載せたいから承諾してほしいという電話がきたということだった。
私は早速電話をして、自分が何を応募したのか聞いた。
覚えていなかった。

私が応募した言葉は、2年くらい前、私がとても悩んでいた時に大切な友達がくれた大切な言葉だった。
とても大事にしていた言葉だった。
私は自分がそれを忘れていたことにショックで、でもその彼がくれた言葉が活字になることが嬉しかった。
同時にその時の記憶や、助けてくれた彼を含めた人たちが溢れて少し泣きそうになった。
彼にはずいぶん会っていないが私は早速メールで報告した。

その夜は高校の友達の誕生日パーティーがあって、そのあと友達から少し落ち込んだ電話がきて、なんだか全部、愛しく、大切に思った。
カレンダーにのると聞いてすごいと電話口で喜んでいた母も。

私は大切なひとや大切なものを、大切にしたい。
どうやったって忘れてしまう時がある。
自分のことしか考えられない時なんてしょっちゅうある。
でも、少しずつでも大切にしていたいと思う。

言葉はすごい。
彼のくれた大切な言葉は、すっかり忘れてしまっていた私なんかのもとにまた戻ってきてくれた。
今度は活字になって、カレンダーというものになる。
それを今度は私や、その言葉をくれた彼も知らない人が受け取る。

なによりも戻ってきてくれたことが嬉しい。
大切なものを愛さなきゃって思い出した。
[PR]
# by mk-st | 2008-06-26 23:44

最近

お久しぶりです。
最近周りの友人たちが展示ラッシュです。

先週月曜日に観ました、予備校つながりのたまちゃんの展示
ミッドタウンにて

先週木曜日がオープニングでしたPOST展で一緒だったさがっちとのぶくんの展示


昨日は同じくPOST展で一緒だった真理子ちゃんの展示みたあと会長のオープニングへ

来週はミッドタウンの21_21へ同じくPOSTで一緒だったサンコンの展示みにいきます。

周りの人がすごい早さで動いていて嬉しいと同時に焦る。
でも実際に作品を見たり、会ったりしたら、元気になってあたしもがんばんなきゃ!!って思った。

やりたいこともいきたいとこも会いたいひともはち切れるぐらいたくさんなのに、一日に全部つめこむことはできない。

がんばんなきゃ。あたしも。
[PR]
# by mk-st | 2008-06-22 22:55
今日久しぶりに呼吸ができたかんじです。
私が生きてる感じがするのは、えら呼吸ができた感じ。
私はいつも水の中で息を吸おうとしているのだと思います。

やっと何年かぶりに少し、「美術があるから大丈夫」と思うことができました。
学生の時は純粋にそう思っていました。本当に。
自分に他のひとよりできないことがあっても、
何かを失っても、「美術があるから大丈夫」と思うと落ち着くもんでした。
いつからか、そう思いたいけれどどうしたら純粋にそう思えるだろうと悩むようになりました。

でも、今日トークショーに行って。

よかった。

私は、自分がいることを信じるためにやっぱり作品をつくりたい。
呼吸をしたい。

「全部の人は満足させられなくても、任意の一人は満足させられるかもしれない」
それを聞いたとき本当に本当に嬉しい気持ちになって、
初めて自分はそれについて自分が思っていたより悩んでいたんだと知りました。

生きているかんじがする。
[PR]
# by mk-st | 2008-05-28 00:39

こんなとき

昔からだけど、現実と離れてしまうときがある。
でもそれをはっきり意識したり、それに注意するようになったのは最近だ。
思えば、昔はそんな時の方が当たり前だったのかもしれない。
今思い返しても、高校の時のこととか、大学の時のこととか、それより前のことも、
みんな薄い光に包まれていて、全部夢の中みたいに感じる。

最近はそうなる時とそうでない時がある。
そうなる時は恐いので、なんとか気持ちを持ち直そうとする。
現実をみないようにする。
ひたすら映画を観たり本を読んだりしてその世界を追って時間をうめる。

強い気持ちが持てるときは、こんなときがくるのはラッキーだと思っていた。
精神的には落ち込むけれど、自分の作品をつくるヒントが得られると思っていた。

私は、最近恐くなる。
作品をつくることを自分の人生では一番大切だと思うことがその根拠がないことが恐くなる。
なぜかというとお金にならないからだ。
なぜみんなお金を信じるのかというと誰にでも分かりやすく目に見える基準で価値というものが分かるからだ。
私は、目に見えないもの、周りの価値がそろわないものを一番大切に思って生きている。それがたまに恐くなる。

村上隆のフィギュアが16億で売れた。
アートに誰もが分かるお金という価値がつけられた。
でも、そのニュースについたコメント。
「こんな世の中なのに」「あんなおもちゃに」「がらくたに」

衝撃的だと思った。

私はどうしたいんだろうか。
[PR]
# by mk-st | 2008-05-15 23:23

人間って

昨日の夜、食器を洗ってたらちょっと包丁で手を切った。
ちょっとだったけどどんどん血がでるので一人でわーってなった。
人間って切ったら赤い液体がでるなんてなんて気持ちが悪いと思った。
[PR]
# by mk-st | 2008-04-27 10:47
ほんとはサイトごとつくりなおしたいんですが、、。
やることが山積みにて取り急ぎトップを更新しました。

友人でずっと制作を手伝ってくれた寳樂がこれまたずっと撮影してくれた写真をくれたんです。
作品ができるまでの過程なんて記録できたことはない。
これをみるたんびに私は、大事なものを取り戻せます。
そのくらい大事で嬉しかったもの。
寳樂ありがとう。

ほんとはもっとすごい数あるんですけど、もっといろんなのあるんですけど、
ポートフォリオサイトなのでこのセレクトで、また全部はのせれないのでこの枚数で。
[PR]
# by mk-st | 2008-04-27 01:10

めんどうなことこそ

ちょっとがんばって少しずつでもやると終わったらすっきりする。

よし。今週末こそかびるんるんの退治するんだから。
[PR]
# by mk-st | 2008-04-24 23:10

みんなつくっとる

今日はあったかかったなー。
友達の写真みた。
広告の展示なんてそんなに行く機会もないしおもしろかった。
いつもとは違った作品をみて、新しいことをやろうとしているんだなと思った。
来週は別の友達の上映会がある。
また別の友達の個展もある。
その後はまた別の友達の個展がある。
いいねえ。よくない??
楽しいじゃん!全部行く予定!

その後友達の制作をお手伝い。
代々木公園にはへんなひとがいっぱいいる。
つくる時は一発でうまくいくことなんてない。
だから何度も試してうまくいったりいかなかったり、どうしたらいいか考えたり。
いいねえ。やっぱいいよ。

私の制作の間ずっとデジカメのシャッターをきっていた彼は、それをDVDに焼いてくれた。数週間前のできごとがはるか昔のようで懐かしくてせつなくなった。
できる前は苦しいけど、その感じが戻ってくるとなんとも言えない。
大切すぎる。

日曜日の夜は眠りたくない。
そして月曜の朝は当然目覚めたくなくなる。
あー明日絶対朝きついってわかってながらもまたこんな時間。
[PR]
# by mk-st | 2008-03-24 01:00

髪をきりました

なんだかせつない。
春はいけない。
d0058255_23345335.jpg

[PR]
# by mk-st | 2008-03-20 23:38

展覧会折り返し

展覧会も今日で折り返し地点にきました。
ほんとにいろんな人に助けてもらって奇跡のような強運でできあがった作品。
ほんとにみんなありがとうございました!!!

展示のメンバーとは、展示が始まってからお互いを理解しあって仲良くなって、
本当に美術は不思議だ。と思う。
ことばの代わりになるとかそういうこととはまた別だけど、その人に対する警戒心がなくなる。と言ったら近いかもしれない。
金曜日仕事を終えてからZAIMに行ったらすごくほっとした。
ホームだ。と思った。
展示メンバーの鎌倉くんと「なんで美術やんのかわかんない」という話をしていて、
「やめ方がわからない」という結論に達した。
私も今回は本当に苦しくて苦しくて、もうやめてしまいたいって思ったけど、
結局それは無理。

今日はたくさんいろんな人が見に来てくれた。
いろんな人に会って話して、楽しかった!
メンバーの会長がお誕生日でパーティーして楽しかった!
d0058255_13192815.jpg
d0058255_13194213.jpg


結局いろんなことまきこんで全部、やっぱり美術はすばらしい!POST展サイト
[PR]
# by mk-st | 2008-03-10 00:28